ジョイフルトレイン「旅路」と中国地方の旅の思い出

CIMG1483.JPG何年か前に下関で撮った今は無きジョイフルトレイン「旅路」。1981年の国鉄時代に12系客車を改造制作して出来たので、ジョイフルトレインとしてはかなり先駆け的な部類に入ると言える。全和式のお座敷スタイルで1994年にリニューアルし、1・6号車に展望ラウンジ、3号車にもラウンジを設け2007年まで活躍した。大阪-下関間の臨時快速だった事もある。


CIMG0945.JPG旅路が主戦場であった中国地方の観光地も掲載したい。先ずは岡山市の岡山城。南北朝時代に築かれた城で別名は烏城、金烏城と言う。一度は焼失し、現在は復元されたものだが中々特徴的な建物で歴史を感じる。敷地内には岡山後楽園もあり見所は幅広い。アクセスは岡山電気軌道が便利なので、次回訪れる際にはおかでんチャギントンも一緒に撮りたい所だ。


CIMG1463.JPGこちらは新幹線から福山城の様子を撮影。福山駅で見ることが出来る。築城年は1622年(元和8年)でこちらも天守閣は焼失後再建されたものだが中々見ごたえある。平成18年には日本の100名城にも選ばれたので、時間があればじっくり見回る事をお勧めしたい。福山には福山城の他、国宝である明王院五重塔もあるのでまた機会があれば併せて訪れてみたい。


CIMG0994r.jpg最後は山口県岩国市にある錦帯橋。中国地方を代表する観光地といっても良いだろう。日本三名橋や日本三大奇橋の一つであり、名勝に指定されている。5つのアーチからなる橋は、全長193.3m、幅員5mで釘は一本も使っていないというから凄い。ここは桜の名所としても有名だ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント