東急大井町線6020系Qシート車両とスノーヴァ溝の口

先週末はスノーボートをやる為、スノーヴァ溝の口-R246に行って来た。写真は道中の溝の口駅で撮った東急大井町線6020系Qシート車両。2018年末より平日の夜大井町発のみクロスシートの座席指定車両になるものだ。残念ながらこの日は平日ではない為ロングシートでの運行で溝の口では座席指定券も販売設定もないが、その鮮やかな車体を見れて良かった。…
コメント:0

続きを読むread more

韓国EMUー250営業運転開始へ

韓国鉄道公社(Korail)の新型車両EMUー250がいよいよ今年から来年にかけて営業運転を開始する見込みとなった。この車両はHEMUー430Xをベースに200㎞/h以上の高速列車では韓国初の動力分散方式で在来線を中心に投入される模様である。この他ムグンファ号の置き換えとして検討しているEMUー150や本格的高速車両のEMUー320も順…
コメント:0

続きを読むread more

東京都バスのいろいろ128&第16回東京水泳フェスティバル

昨日は私にとって約1年半振りの試合となる東京水泳フェスティバルに参加して来た。冒頭の写真は付近で撮った新潟のお米をPRするラッピングの都バス。デザインに朱鷺が描かれていて中々良いが、如何せん急にすれ違った所を撮ったため、最も大きく朱鷺が描かれていた最後尾が切れてしまい惜しい写真となった。また会えたら再び撮ってここへUPしたい。 …
コメント:0

続きを読むread more

アートな水陸両用バス

今や日本全国各地で様々な業者が運営している水陸両用バスであるが、先日訪問した浅草では「アート引越センター」の広告を全面に出したものを見かけた。ダックツアーではデザインの一部に0123と書いてあるものはよく見かけるが、ここまで全面的にPRしているものは珍しいのではないだろうか?どこで営業しているのか分かればまたUPしたいと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

待乳山聖天とさくらレール/浅草寺

先日、テレビでも放映されていた浅草の待乳山聖天(まつちやましょうでん)に行ってみた。ここは時折私が訪れるリバーサイドスポーツセンターからも程近く、浅草駅からは徒歩10分、バスでは隅田公園停留所から数分の所にある。写真は境内に設置されているスロープカー「さくらレール」。モノレールの様な形式で、距離は数十メートル程の超短い路線だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

京成1600形開運号と特急券

1953年(昭和28年)から1967年(昭和42年)まで京成上野-京成成田間を所要時間75分で走っていた京成電鉄の1600形特急「開運号」の特急券。当時としては斬新なデザインでヘッドマークも付け、3両編成(初期は2両)ながら日本の鉄道で初のテレビを搭載、昭和33年からは社内売店まで備えているまさにロマンスカーの先駆けと言ってもよい車両だ…
コメント:0

続きを読むread more

700系新幹線運行スケジュール

今年3月8日でラストランを迎える東海道新幹線の700系における2月からの運行スケジュールがJR東海の特設サイトに掲載されている。このスケジュール欄に掲載されている700系はヘッドマーク及びサイドステッカーによる車体装飾をしており、車体装飾されていないものも別途Pdfで案内されている。時間があればいずれかの日に撮影に行きたいものだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

ジャカルタの空港鉄道

インドネシアの首都ジャカルタ市内のBNI Cityとスカルノハッタ国際空港を結ぶエアポートEMU。インドネシアは日本の中古車が多いイメージだがこの車両はボンバルディア製の新車であり、幅広くあらゆる国から輸入している様である。この国では珍しい2扉のクロスシートで専用チケットがあり、欧州のインターシティ列車を彷彿させる。 引用サイ…
コメント:0

続きを読むread more

モルドバ共和国のDMU国旗を掲げる

ルーマニアとウクライナの間にあるモルドバ共和国のDMU「D1M-001」。7年前の7月にもUPした事があるが、近年はフロント部分に国旗のデザインが新たに加わった様だ。4両のうち1両は1等車、もう1両は2等車、残りの2両は3等車となっている。モルドバはウクライナとのセットでツアーを組まれており、時間にゆとりのある人にはお勧めだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

カンボジアAS1000 DMU

カンボジアのプノンペンーシアヌークビル間を結んでいるメキシコ製のAS1000。レールバスの形式であるが先端部は流線型のような形状で内部もクロスシートとなっており、プノンペンの空港シャトル列車としても導入される等、優等列車として扱われている。日本語のオンラインチケット予約サイトもある様だ。余談だが写真の右にある列車も中々興味を引く。 …
コメント:0

続きを読むread more

SMART Train

アメリカのカリフォルニア州ソノマカウンティ空港とマリンカウンティのラークスパーを結んでいるソノマ・マリン地区鉄道公社(Sonoma-Marin Area Rail Transitー通称SMART)。2017年より開通していて、途中にはスヌーピーで知られる町サンタローザダウンタウンを通るなど、観光用途としても活躍している。車両は色は違うが…
コメント:0

続きを読むread more

東京都バスのいろいろ127-謹賀新年2020-

2020年の幕開け第一弾は都バス2020のラッピング。ミライトワとソメイティがデザインされたものは以前にもUPした事があるがその時は前後に色が分かれていたもので、今回のは左右に色分けされたものとなっている。都バスでは東京オリンピック・パラリンピックを機に様々な取り組みを行っており、ラッピングにおいてもまた色々なデザインを期待したい。
コメント:0

続きを読むread more

EXEをスーパーはこねに投入

既に報じられている通り、小田急電鉄では2020年3月14日のダイヤ改正で様々な変化が行われるが、土休日9時新宿発のスーパーはこねにEXEが投入される事になった。スーパーはこねは平日・土休日共に下りで2-3本走っているので、9時以外のものはVSEかGSEだと思うが今後どうなるか注目したい。それにしてもはこね号は随分停車駅が増えた。 …
コメント:0

続きを読むread more

さようなら名鉄5700/5300系

前面展望が楽しめる2扉の転換クロスシート車両として人気のあった名鉄5700/5300系の最後の1編成が先日23日廃車となった。この車両は以前乘った事があるが、機会があればまた乗ってみたいと思っていただけにとても残念だ。7000系パノラマカーが引退してから10年、また古き良き名鉄らしい車両が姿を消すことになった。
コメント:0

続きを読むread more

日比谷線に座席指定列車

東武鉄道と東京メトロ日比谷線の相互直通運転は長い歴史があるが、この度その路線に新たな座席指定列車が誕生するとの事。使用車両は70000系をベースとした70090型で愛称名はTHライナー。TJライナーの様にロング・クロスシート転換が出来、運行区間は久喜ー恵比寿間で来年6月6日運行開始となる予定。朝夕のラッシュ時で混み合うが一度乗ってみたい…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄12000系を新宿で撮る

先月、JR埼京線との相互直通運転を開始した相鉄の12000系を新宿駅で撮ってみた。以前、20000系を撮った事はあったが、この12000系は20000系と似ていながらも更にシャープになった感じがする。埼京線・横須賀線・東海道貨物線を経て相鉄線へと向かう路線も興味深い。相鉄は2022年度には東急線との直通運転も計画しており、今後も楽しみだ…
コメント:0

続きを読むread more

フィリピン国鉄「Kogane」リニューアル

フィリピン国鉄(PNR)は、以前JRから譲り受けたキハ59系車両のKogane編成をリニューアルして再デビューさせた。運行区間と時刻は今の所、Tutubanを午前8時14分に出発し、終点IRRIに午後4時56分に到着する模様。トイレ付回転リクライニングシートは現地では優等車として扱われている。一方、インドネシアからも新型列車を2両導入し…
コメント:0

続きを読むread more

横浜市にロープウェイ

横浜市都市整備局の発表によると、2020年度末に桜木町と新港ふ頭とを結ぶロープウェイの開発計画がある様だ。都市部でのロープウェイとしては昭和20年代渋谷に空中ケーブルカーと言う名で子供のみ乗車出来るものがあったそうだが今回のは大人も乗れる模様。とは言えやはり開業した後はちょっとした遊園地のアトラクション感覚で人気が殺到しそうだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

東京都バスのいろいろ126

今回のラッピングは12月1日に開通した小松川JCTをお知らせするもの。小松川JCTの開通により首都高小松川7号線と中央環状線がつながる事になる為、埼玉方面と京葉道路を経て千葉方面の行き来が便利になり今までよりも所要時間が20分位短縮されると言うものだ。小松川入口は首都高用と中環用と2つの入り口がある様だ。
コメント:0

続きを読むread more

赤い京成バス

京成バスのラッピングをUPすることも多くなってきたが、今回は赤色が鮮やかな2台を取り上げてみた。まずは写真のパーラーをPRするラッピング。文字以外はほぼ赤一色なので遠くからでもかなり目立っていた。私はパラッツォと聞くとイタリアの館を思い出すが、また機会があればイタリアの列車を乗りつぶしたいと思うこの頃だ。 2枚目の写真は不動産…
コメント:0

続きを読むread more