テーマ:船・フェリー

東武サクラトレインと隅田川の桜&水上バス

昨日は休暇日だったので現在咲き始めている桜を見に浅草の隅田川沿いへ行って来た。ここを選んだ理由としては丁度東武鉄道が浅草—とうきょうスカイツリー間にて臨時列車サクラトレインを運行するのでそれとコラボした写真を撮りたいからであった。この日のサクラトレインは500系リバティが3両編成で投入される珍しい光景で、桜と良く合っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船の無人運航実験へ 5つのプロジェクト

将来的な船の無人運航に向けて、5つのプロジェクトが考案されている。その内訳は新日本海フェリーの敦賀—苫小牧間(写真が導入予定の船)、横須賀市の三笠桟橋—猿島間、京浜港—苫小牧港間のコンテナ船、敦賀—境港間のコンテナ船と大洗—苫小牧間のカーフェリー、群馬県の八ッ場ダム水陸両用車が対象。個人的には猿島が手軽にお目にかかれそうな気がする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイダックツアー今月より徐々に再開

水陸両用バスとして知られる「Sky Duck」は新型コロナウイルスの影響で暫く休業していたが、今月3日より徐々にツアーを再開した模様だ。最近よく見かけるのは写真にあるタイプのものだが、他にも様々な種類がある。しかし残念ながら東京プリンスホテルを発着する食事付きのTokyo Duck Toursは無くなった様だ。感染がこれ以上広がらなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京湾クルーズ船「安宅丸」

東京湾に観光クルーズ船として再現された「安宅丸」。元は徳川三代将軍家光の命によって作られた幻の巨大船をモデルにしている。豪華旅館の様なこの船は食事・宴会などのコースで乗船が可能だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡汽船高速フェリー「あかね」

先日のナッチャンWorldに続き同じ双胴高速船である「あかね」をアップ。「あかね」は主に直江津から佐渡の小木港を結んでおり、こちらも中々魅力的な船であるが、関東からは直江津経由でやや時間はかかる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナッチャンWorld横浜に現る

元青森‐函館間の高速フェリーで現在は防衛輸送船であるナッチャンWorldが大黒ふ頭に停泊中との情報を得たので早速撮りに行ってみた。先週の久里浜での一般公開より遠巻きにはなるが充分その姿を確認する事が出来る。 ナッチャンWorldは最近観光ツアーも復活した様だが、関東に寄港するのはあまりないので来週頭位までは数少ないチャンスと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Tokyo Duck Tours

今年の秋はお台場エリアを遊覧する水陸両用バスが幾つかデビューしているが、昨日見た表題のものは東京プリンスホテルを発着し遊覧後に食事や軽食が付く。値段は上がるがホテルで食事を考える人には一石二鳥だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京観光汽船「竜馬」[ジュビリー」とシンフォニ‐モデルナ

夕刻のレインボーブリッジをバックに航行する「竜馬」。東京湾には水上バスと呼ばれる遊覧船が数多くあり、当ブログでも「ヒミコ」や「ホタルナ」をUPしたが、この隅田川からやって来る「竜馬」も中々インパクトのある船だ。 そして冒頭の映像でディナークルーズ「シンフォニーモデルナ」と共に後方に写っていたのは同じ観光船の「ジュビリー」。竜馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉ポートタワーパークトレインと遊覧船

昨日はJR千葉みなと駅近くのポートタワーを訪れた。丁度クリスマスと言う事もあり夜のイルミネーションが見れなかったのが残念だが、その代り昼間は周囲を走るパークトレインに飾りが付いている等、乗り物を楽しめた。 先ずは展望台の様子。都会には無い広々と続く景色は開放感たっぷり。展望台の下では写真の様なランチやディナービッフェのレストラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新おがさわら丸と今季4試合目の水泳大会

この3連休は海の日の祝日があったが、都内で行われた水泳大会等へ出場したので海には行けず。代わりに本日竹芝桟橋で父島から帰って来た新おがさわら丸を見学。今月デビューの3代目はスケールも大きくなった。 その水泳大会、結果は1位だったのだが、手動で2人が計測したタイム(平均を取る)があまりにもバラつき過ぎている気がした(やはり電動が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴海埠頭で見た飛鳥Ⅱ

本日出先からの移動中に見かけた飛鳥Ⅱ。この船が晴海埠頭まで来る年間でも数少ない貴重な日にお目にかかれてラッキー。日本一の大きさは世界では突出していないが、きめ細かくスタイリッシュな外観は上品だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館市電と市内観光

今日は函館市内の様子について。函館は昔から市電が走っているが、最近では新型トラムも導入。現在は北海道新幹線開業にちなんだH5系風ラッピングの「らっくる」が一際目立つ存在で、観光電車にしても良さそうだ。 市電は函館どつく・谷地頭‐湯の川間を走っており、私が宿泊したウイニングホテルのすぐ近くも末広町の停車場がある。この辺りは歴史あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クイーンエリザベス号と横浜赤レンガ倉庫

今日は豪華客船クイーンエリザベスが大黒ふ頭に来たので、再び横浜方面を訪問。前回の様に近くには入れないとの情報があったのでベイブリッジより車内助手席のカメラから撮影。柵網越しだが何とか形位撮れたかな。 さて今日は休日で時間もあるので、船だけではなく久々に横浜市街もブラブラ。先ずは重要文化財に指定されている横浜市開港記念会館。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クアンタム・オブ・ザ・シーズ横浜へ寄港

昨日ベイブリッジを通りがかった際、凄く巨大な旅客船が停泊していたので港へ近寄ってみた。これはクアンタム・オブ・ザ・シーズで、調べると全長348m、総トン数167,800tで世界3~4番目の大きさに相当する旅客船だ。 まるでマンションの様な風貌だがこれでも世界3位の大きさ。上海を母港としているだけに乗船客は中国人系が多かった。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊覧船ちどりと大瀬崎

沼津港の周遊コースから大瀬崎方面への定期便、そして三津港のランチクルーズ等で西伊豆を中心に活躍する遊覧船「ちどり」。2階建で楕円形の前面は上部の巨大な白鳥を除けば山中湖の遊覧船とよく似ている。 大瀬崎の風景。よく言われる定説で東伊豆の波が荒い時は西伊豆は穏やか(その逆もあり)というのがある。それに伴い天候も多少影響する様だ。ゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞ヶ浦周遊とジェットホイルつくば/その他

お盆休みのこの時期、行楽各地は人混みでごった返すが、茨城県は比較的ゆるやかな混雑で過ごしやすい。中でも霞ヶ浦は都心近くにありながらのんびりと過ごせるスポットだ。写真は遊覧船のジェットホイルつくば号。 ジェットホイルつくば号は1日8便土浦港から霞ヶ浦を40分周遊する。中々格好良くメルセデスベンツ製という事で親近感が湧いたが水族館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホリデー快速富士山国鉄色で相模湖へ

以前もアップした事があるホリデー快速富士山だが、今月は原型である旧国鉄色の車両で運行される事が多い様だ。最近はフロント中央の特急エンブレムが復活し、数少なくなった昭和の特急を忠実に再現している。 さて今回、この列車で向かった先は相模湖。都心からも手軽に行ける近場の観光地だが、雨だったり猛暑だったりと気象条件も影響してか、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セブンアイランド大漁

竹芝桟橋のカフェで見た東海汽船のジェットホイル「セブンアイランド大漁」。「愛」「虹」「友」「夢(引退)」に次ぐ新型船は先月デビューしたばかりで、この船、以前はJR九州所属の博多-釜山を結んでいた国際船だった様だ。 今月は大島までこれに乗船出来るお得な食事付きツアーも用意されている。大島行は最近日によっては途中、館山や久里浜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鳥の湖遊覧船と山中湖へのバス旅

ようやく体力も回復し、折角の3連休でお手頃に出かけたい場所を模索した私は久々に山中湖を訪れてみた。写真は今やここの名物となっている巨大な白鳥の形をした遊覧船。湖を一周35分で回っている。 白鳥遊覧船の内部。写真は1階の前面展望席。後方にはボックス型の席がある。窓が広く、どの席からも景色は楽しめる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝台特急カシオペア号と稚内の思い出

先日ついに北斗星の廃止日程が決まってしまった。となると同じ区間を走るカシオペアも危ういという事で未公開だったこの列車の画像をUPする事にした。写真は初期の専用機関車時代のもの。 カシオペア客車部分。北海道新幹線開業後も観光列車として残れば、これから造られる豪華寝台列車の先駆けとして扱われるだろう。北斗星でも良いのだが一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦安郷土資料館と境川紅葉ランニング

浦安市役所の近くにある郷土資料館では、このあたりが昔漁業の街であった風景をリアルに再現した屋外展示場や体験型の木造舟があって中々見ごたえがある。月曜以外無料で開館しており、手頃な観光にもなる。 今日はそこから海へ繋がる境川沿いを久々に訪れ走ってみた。昔はここで練習をしていて、それがアジアマスターズに活かされた事への感謝と、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型初島フェリー(イルドバカンス プレミア)

今年は熱海-初島間を結ぶ富士急マリンリゾートに新型フェリー「イルドバカンス プレミア」がデビューしており、前回伊豆訪問時に乗って来た。従来のイルドバカンスⅢ世よりやや小ぶりだが夏に似合う爽やかな装いだ。 船内に入ると先ず2階のインテリアがお出迎え。ラウンジスタイルの座席で景色を堪能。ここにカフェバーがあればいいがそこは所要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェットホイル4種類、さるびあ丸納涼船、ヴァン・テ・アン

夕刻の竹芝桟橋は色々な船で賑わう。伊豆七島から帰還したジェットホイルは日によっては立て続けに殆どの種類を見る事が出来る。日も落ちて来た頃だが最新の「友」を撮ることが出来、これで撮影は4種類制覇達成。 東海汽船ジェットホイルの4カット(左上から時計回りに「虹」、「夢」、「愛」、「友」。「愛」だけは以前熱海で撮ったもの)。こう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京港フェリーターミナルとオーシャン東九フェリー

東京港フェリーターミナルと徳島・北九州を結ぶ東九フェリー。個人的にはもう少し到着時間が早い(或いは上りの出発時間が遅い)と徳島方面の遠征時には最適だが、中々そう都合良くは行かない。 しかしこの東京港フェリーターミナルからの出発は、都内ではいかにもフェリーが出発するという雰囲気がありありでなかなか良い感じだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水上バス「ヒミコ&ホタルナ」

お台場の水上バスで2大人気となっているヒミコ(奥)とホタルナ(手前)。ヒミコは以前当ブログでもアップした事があるが、後発のホタルナは初めて撮影。通りがかりで乗ってはいないが、共に沢山の観光客がいた。 ホタルナはヒミコ同様、昆虫の様な宇宙船の様な滑らかな形をしているがヒミコと比べるとやや角ばったイメージ。その代わりに船上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアルされたにっぽん丸

有明フェリーターミナル付近で偶然見かけたにっぽん丸。2010年にリニューアルされ、今年も国内を中心に多くのツアーが企画されている。飛鳥Ⅱ、ぱしふぃっくびいなす等とともに日本を代表する豪華客船だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タミヤオープンハウス-タイレルP34・ポルシェ914他-

アップが遅くなったが先日は毎年一度開催されるタミヤオープンハウスに行ってかつてのF1レーシングマシンタイレル(ティレル)P34を見て来た。6輪車という事で話題を呼んだこの車、私もいつか見てみたいと思っていた。 このP34は1976年にはスゥェーデンGPで2機が1,2フィニッシュを成し遂げたこともある。実働期間は僅か2年だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SILVER SHADOWと晴海埠頭

先日都心のベイエリアに係留していた豪華客船「SILVER SHADOW」。中規模ながら全室スィートルームというのが魅力。GW期間中にはVoyager of the Seas等も来ていた様だが、いつかOasis of the Seasも見てみたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近鉄プレミアム特急「しまかぜ」先頭席と「つどい」乗車記

試合前日の話の続きになるが、10月19日は賢島を巡った際に近鉄の豪華新型特急「しまかぜ」と「つどい」に乗車してみた。しまかぜは頑張ってプラチナ化している展望先頭席が取れていたので、贅沢な気分転換となった。 先ず名古屋で「しまかぜ」と初対面。しまかぜの予約は大変人気が高く、デビューから半年以上経った今も殆どの便が満席となる。まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市川塩浜の漁港

京葉線市川塩浜駅付近の漁港。三番瀬に面しており小さいながらかつては沢山の漁船があったが震災時の液状化ですっかり静まってしまった。この辺は倉庫も多いが見通しが良く、隠れた初日の出のスポットだったりする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more