東京メトロ丸ノ内線ちゅ~るちゅ~るトレインに乗る

先日東京メトロ丸ノ内線に乗った所、いなばペットフード「CIAOちゅ~る」の10周年を記念したラッピング車両がやって来た。対象車両は02系1編成で、皆これ目当てなのか前後の車両より混んでいる様に思えた。同様の車両が銀座線にも1編成あり、どちらも猫達の写真が沢山あるド派手な内装だが丸ノ内線の車両は外観にも猫の写真&ヘッドマークがある。 …
コメント:0

続きを読むread more

小田急ロマンスカーVSE最後の乗車-サルーン&先頭展望席-

先日は昨日で定期運行を終了した小田急ロマンスカー50000形VSEに最後の乗車をして来た。今回も新宿-町田間と短い区間ではあるが、行きのはこね15号、帰りのはこね16号共にVSEで行きはサルーン、帰りは先頭展望席と言う贅沢なプランを味わって来た。現在のロマンスカーの中でも代表的な存在であるVSEは今後ツアー列車となり、来年秋頃引退する。…
コメント:0

続きを読むread more

平壌地下鉄DK4型が走っていた頃

かつて中国製DK4型車両が運行されていた頃の北朝鮮平壌地下鉄の様子。この車両は1970年代から2000年代初頭まで活躍したと思われ、その後旧東ドイツ製の車両GI型・D型が導入され、最近は自国製の100型も導入されている。社会主義国家の地下鉄ホームは何処も荘厳な雰囲気があるが、この時代のものはそれに加えクラシカルな感じがあって味わい深い。…
コメント:0

続きを読むread more

韓国宇宙船風試作電車

韓国果川市の国立果川科学館にはかねてから複数の保存車両が展示されていて、その中には未来の通勤電車をイメージした試作車があった。しかしこの車両は3年程前から何故か宇宙船風の外観に改装され地元でも驚かれている。改装前のデザインが今では目新しくなくなったからか、50-60年代のアメリカエアロトレイン風にでもしたかったのか、真実は謎だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

ハローキティ新幹線・はるかと神戸見晴らし展望台

京阪プレミアムカー乗車後は新大阪へ戻り、新神戸までの短い区間ではあるがハローキティ新幹線に乗車して来た。ハローキティ新幹線は2018年から新大阪-博多間を毎日1往復しており、かつてのエース500系がピンク色に施された車両だ。いつまでか不明だが今の所、好評につき運行は継続されている様である。新大阪20番線停車中は絶好の撮影チャンスだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

京阪8000系快速特急洛楽&3000系プレミアムカーに乗車

先週は平日であるが休暇を利用し大阪へ行って来た。色々観光もしたがったが都合で1日しか滞在出来ないので鉄道に乗る事をメインに楽しんだ。今回の目的は京阪8000系における快速特急洛楽のプレミアムカーに乗車する事。快速特急は現在殆どが3000系に置き換わっており、8000系の該当車は平日に下りが2本、上りが1本しかない貴重な存在になっている。…
コメント:0

続きを読むread more

東京都バスのいろいろ154-燃料電池バスフルラッピング-

今月17日に登場した都バスの新たなラッピングは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のデザインを燃料電池バスに施している。これはMUFGの寄付車両で、同グループのカラーをイメージしている。運行区間は今の所、主に東京駅丸の内南口-東京ビッグサイト間の都05-2系統が多い。都バス初の燃料電池バス全面ラッピングは貴重でお勧め車両だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

西武40000系ドラえもんラッピング車両と狭山スキー

先週末は昨年12月に引き続き2ヵ月のインターバルで狭山スキー場へ行って来た。写真は道中見かけた西武40000系の「映画ドラえもんのび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021」公開を記念したラッピング車両。公開は2022年3月だが、元々の公開予定が2021年の為、タイトルはそのままであるらしい。対象車両はロングシート固定仕様の50…
コメント:0

続きを読むread more

常磐線試験車両TRY-Zの思い出

かつて1990年代にJR常磐線で試験車両として運行していたE991系電車TRY-Z。上野寄りと仙台寄りで顔が異なる新幹線の様な風貌で、省エネ・低騒音化・情報技術の取入れ等を行った。既に解体され現在はその姿を見る事は出来ない。私は当時常磐線沿線に出張する機会が多かったが目撃したのは一回で、写真を撮れる様な状態ではなかったのが悔やまれる。 …
コメント:0

続きを読むread more

立正佼成会大聖堂と普門館跡地&京王新ラッピングバス

先日は2年ぶりに杉並区にある立正佼成会大聖堂を訪れたが、既に解体された普門館の跡地もどうなっているか興味があったので確かめて来た。写真は行きの中野富士見町駅付近で見かけた京王バスの新しいラッピング。PRしている大正セントラルテニスクラブ新宿は初台駅のそばにあり、大聖堂があるエリアからも割と近い。デザインも青が鮮やかで目を引く。 …
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮主体号の歴史と開城の思い出

平壌市内を走る北朝鮮唯一の特急型電車「主体号」の初期塗装写真。主体号は1976年に開発され1998年に科学者専用列車として運用に就いており、その間何度か塗装変更も行われた。現在も存在しているのかどうか最新の状況は不明である。また、文献によると内部はクロスシートでロシアのER200やエジプトのターボトレインに似た座席の様だ。近況は如何に。…
コメント:0

続きを読むread more

平壌駅付近を走る市電と乗車券

北朝鮮の首都平壌市内を走る軌道電車(平壌市電)。一昨年もこの平壌のトラムを掲載したが、今回はその時とやや形式が異なるものだ。車両は殆どがチェコのCKDタトラ製で5種類程あり、現在の路線は1号線・2号線・3号線の3種類。多くは赤と白のツートンカラーになっている。2018年には従来のレトロなイメージを一新した自国製の新型車両が登場した様だ。…
コメント:0

続きを読むread more

北京冬季オリンピック専用高速列車運行中

いよいよ開幕した北京冬季オリンピックだが、中国ではその各会場へのアクセス手段として京張高速鉄道に専用列車を走らせている。スキー場を彷彿させる白とブルーで塗装された瑞雪迎春五輪版復興号と呼ばれるこの車両は1月21日から3月16日まで北京清河-延慶-太子城-崇礼間を約1時間で結んでおり、最高時速350㎞を自動運転で行っているとの事だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

中国KDZ1風謎の動車組

写真の中国動車組は既に廃車となった状態のものだが、今まで見た事がない風貌だ。デザイン的には90年代後半に昆明-石林間を走っていたKDZ1こと春城号の様に見えるが、色合いが異なる。ただ単に朽ち果てて色褪せただけなのか、試験車両的なものだったのか今となっては判別が付かない。もしこの色合いで何処かを走っていたのならとてもレアな車両だ。
コメント:0

続きを読むread more

東京都バスのいろいろ153

都内で見かけた韓国産キムチをPRするラッピング。キムチの辛いイメージとは異なるソフトでカラフルなデザインだ。最近はtobus.jpに掲載されているラッピングバス情報も写真が無いものが増えて来ているが新しいラッピングは一定数ある様だ。江戸川区を中心に走っているこのバスはtobus.jpの情報にはないが中々見応えがある。まだまだ色々ありそう…
コメント:0

続きを読むread more

中央線209系運行中

中央線の車両と言えば現在は殆どがE233系であるが、その中に2編成だけ異彩を放つ車両が運行されている。それがこの209系の中央線バージョンだ。これは元々中央線で走っていた旧型という訳ではなくE233系がトイレやグリーン車を取り付ける工事で数本ずつ基地に入る為、その不足を補う目的で他の路線から転用されたものの様だ。期間限定で貴重だ。
コメント:0

続きを読むread more

都営三田線新型車両8500形試運転中

都営三田線に乗った際に偶然見かけた新型車両8500形。現在は不定期に試運転を行っており、2022年度中には営業運転を開始する予定だ。編成数は8両と従来の都営三田線車両より2両増えている。時間がわかれば地上区間となる志村坂上-西高島平間で撮影すると良さそうだ。最近の通勤型車両は丸みを帯びた感じが多かったが再び角張った感じが増えて来た。 …
コメント:0

続きを読むread more

いすみ鉄道キハ28形赤ひげ&「いよ」ヘッドマーク

昨日はいすみ鉄道のキハ28形急行列車を撮影&乗車して来た。この車両は昨年10月からかつて四国地方で国鉄時代に活躍した急行「いよ」「うわじま」のヘッドマークを期間限定で付けている。またこの日からは正面のデザインに赤ひげ塗装が加わり、より一層懐かしさを感じられる様になった。1月は土曜日が「いよ」、日曜日が「うわじま」になる予定との事。 …
コメント:0

続きを読むread more

イタリアの展望列車ETR252アルレッキーノ復活運転

昨年秋の話題だが、かつてイタリアで前面展望室付き列車として有名なETR250(通称アルレッキーノArlecchino)の252編成が数年かけた修復を経て復活運転を果たした。この列車は以前当ブログでも掲載したETR300(通称セッテベッロ)の短編成版で4両となっている。運行開始区間はボローニャからローマ。優雅な60年代の名車への予約は大変…
コメント:0

続きを読むread more

小田急5000形片瀬江ノ島行きと明治神宮

先日は小田急線の参宮橋から明治神宮にも初詣に行ったのだが、その途中新宿駅で最新鋭の5000形における快速急行片瀬江ノ島行きを見かけたので撮影。小田急では今年3月のダイヤ改正にて一部特急を除き藤沢-片瀬江ノ島間を全て区間内運転にするとの事で、この様な便も無くなるかと思われる。かつての東武日光線の快速の様に便利な便がまた一つ消える。 …
コメント:0

続きを読むread more