ジャパンマスターズスプリント2021と京葉観光送迎バス

昨日は第8回日本マスターズスプリント水泳選手権大会に出場して来たのだが、会場である千葉県国際総合水泳場すぐ近くの新習志野駅ロータリーで写真の様な送迎バスを発見した。これは京葉観光が運営しているチャーター式の送迎バスで定期的に運行しているものでは無い様だ。2台あり先頭の車両は中々レトロな感じで味わい深い。試合は運良く入賞出来た。 …
コメント:0

続きを読むread more

京成SDGsラッピングバスと紅葉

先月、都バスシリーズでSDGsのラッピングを掲載したが今度は京成バスのSDGsラッピングにも出会えたので丁度背景の紅葉とマッチした良い所で撮ってみた。都バス同様、地元の専門学校生が手掛けたものだが都バスのものとはやや異なり京成バスに良く合っている。京成バスはMerry Christmasの表示があったりバスがマスクをしていたり中々ユニー…
コメント:0

続きを読むread more

中央線東京アドベンチャーラインヘッドマークと秋川渓谷

先日は紅葉の時期という事もあり東京都あきる野市の秋川渓谷へ行って来た。秋川渓谷の最寄り駅は五日市線の終点武蔵五日市だが、その途中で東京アドベンチャーラインのヘッドマークを掲げた中央線を見かけたので撮影した。この車両はHMだけでなく側面にもラッピングが施されていて中々良い。ホリデー快速あきがわ号で運用されていれば尚良かったが。。 …
コメント:0

続きを読むread more

東武新型特急N100系2023年導入について

先日の話題になるが、東武鉄道では2023年に新型特急列車を導入する様だ。この車両は現在走っているスペーシアの後継となるものでN100系となる。愛称も新たに考案される様だがスペーシアで人気の個室は受け継がれ、ラウンジやカフェカウンター等が設けられるとの事。早く乗ってみたいと思わせるが、デザイン的にもう少し色があっても良い様な気もする。 …
コメント:0

続きを読むread more

東京都バスのいろいろ151-ラピッドバス-

東京ビックサイトへ行く途中で撮った都バスの新しいラッピング。後方部分が欠けてしまい何とも説明が付かないのだが実はこれ、ラピッドバスと言う急行バスに充当されていた。このバスは錦糸町・森下-日本科学未来館を2系統で結んでおり、途中は前者が亀戸・西大島・新木場、後者が門前仲町・豊洲等を経由し東京ビックサイト駅にも停まるので中々便利だ。
コメント:0

続きを読むread more

ラオス-中国間に導入される高速列車

現在ラオスと中国の間には高速鉄道が建設されているが、そこに導入される最初の車両がラオスの首都ビェンチャンに到着した様だ。この導入車両は中国CR200Jと思われ、ビェンチャン-昆明間を走る予定だ。最高時速は山岳地帯を走るだけに160㎞程度に留まるが、デザインは中国国内のCR200Jより格好良い感じがする。この他、客車列車も導入される見通し…
コメント:0

続きを読むread more

トルコ初の国産高速列車

こちらも大分前の記事になるがトルコ初の国産高速列車が誕生した様だ。トルコの高速列車は主にスペインCAF社製のHT65000系とドイツシーメンス社製のHT80000系(Velaro-TR)があるがそれに次ぐものとなっている。ただ時速は160-176㎞なので高速列車と位置付けられるか微妙だ。それよりも久々に特徴のある顔をした列車が誕生した事…
コメント:0

続きを読むread more

ANAのエアバスA380 3号機導入について

約2週間前の話題だが、ANAがエアバスA380の3号機を導入し成田空港に到着した模様だ。この機体は「空飛ぶウミガメ」「フライングホヌ」等とも呼ばれており、1号機・2号機と同様にウミガメのデザインを施し、今回はこれまでの青や緑とは異なる鮮やかなオレンジ色となっているが、運航の見通しは立っていない。国内線定期便で運航なら乗りたいが。。 …
コメント:0

続きを読むread more