西武レッドアロークラシックラストランキャンペーンに参加

CIMG1418.jpg今日は西武鉄道10000系レッドアロークラシックラストランキャンペーンとして運転される西所沢—西武球場前駅間の臨時特急に乗車して来た。臨時特急は5月1日と2日に下りのみ3便レッドアロークラシックで運行された。この3便は西武球場前下車後、2時間撮影が出来る特典付きで両日共満席だった。到着後の撮影では代表的な「ちちぶ」の表示となった。


CIMG1413.jpg今年3月突然発表されたレッドアロークラシックのラストラン。予想はしていたが当初は定期運転の終了との事で、先々も臨時列車等で走ると思っていた。しかしその臨時列車も今月立て続けに発表され、いよいよ本当にラストなのかと言う事でこの企画に参加して来た。西所沢から西武球場前へ向かう際の表記は「臨時」。10年前この車両のデビューを思い出す。


CIMG1440r.jpgおそらく最後の乗車になるだろうクラシックでの車内の様子。両日共、ゴールデンウイークという事もあり満席でこの日も早めに予約をしておいて良かった。10000系は特に新しくは無いが濃い青のクロスシートに広い窓を有し、初代の5000系と共に「特急に乗った」と実感できる座席だ。10000系事態はまだ暫く残るがこの僅か5分間の乗車は貴重に感じた。(*撮影時以外はマスクを着用)


CIMG1438.jpgこの5月1日と2日の乗車は乗車時間が非常に短い代わりに、撮影タイムの特典の他、記念カードも貰えた。この他、有料だがポストカードやパスケース等も販売されており、こちらの人気も凄かった。ラストランキャンペーンは本当に様々な催しが行われ感慨深いが、個人の希望としては前にも書いていた西武新宿—西武秩父間の運用を実現してもらいたかった。


CIMG1419r.jpgラストランステッカーも良く似合うレッドアロークラシック10000系。引退後は廃車となる方向と聞いているが、このデザインは素晴らしいので出来れば何らかの形で残してもらいたいものだ。後は5月15、16日に池袋—西武秩父間を「臨時」として、5月29日に西武新宿—本川越間を「小江戸」としての運用が残されているので機会があればそれも撮ってみたい。(*撮影時以外はマスクを着用)


CIMG1434.jpg西武球場前駅には毎年狭山スキーやゆり園等でお世話になっているが、この日は新たな見所として誕生したメットライフドーム付近にあるトレイン広場も見学出来た。ここには西武の代表的車両の一つである101系が独特のラッピングで展示されており、「L-train 101」という名称が付いている。広場はリニューアルされたドームと共に賑やかな演出をしている。


CIMG1422.jpg最後にレッドアロークラシックの雄姿をもう一枚。クリーム色に赤いラインの入ったこのデザインを西武線内で見る事が出来るのもあと僅か。富山地方鉄道の元5000系も老朽化しており心配だが、まさかそれより先に廃車になるとは何とも早い気がする。しかし今回の撮影は良い記念となった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント