イギリス「HS2」開業時期は2026年から延期の見込み

イギリスの新高速鉄道路線HS2(High Speed 2)はロンドンユーストン—バーミンガム間にて360㎞/h車両を用いて2026年に開業予定だが大幅に遅れる様だ。この車両の入札には欧州4社の他、イタリアやスペインでフレッチャロッサ1000の導入実績・予定がある日立とボンバルディア社の連合が応札している。しかし日立単独で開発していたAT…
コメント:0

続きを読むread more

都営三田線全線開業20周年記念ヘッドマーク

昨年9月26日から運行している冒頭のヘッドマーク車両に遭遇したので撮影した。2018年にこの線の開業50周年を記念するHM車両をUPしたが、それに続く記念車両となっている。そう言えば三田から目黒まで延伸されたのは長い歴史の中では割と最近の出来事なのだと感じた。このHMの掲示は今年3月25日となっている。来年の新型車両導入も楽しみだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

京成3400形快速特急で行く成田山参拝

少し遅めの初詣に行った際に乗った京成3400形の快速特急。京成の快速特急は本線としてはライナーを除いて唯一、各停区間が無い最速列車である。殆どが京成成田止まりだが、土休日の夜は成田空港や芝山千代田へ向かう便もある。京成上野—京成成田間の所要時間は64分で中々の俊足。使用車両は様々だが、個人的にはこの3400形が一番お似合いな気がする。 …
コメント:0

続きを読むread more

東京都バスのいろいろ142&第17回東京水泳フェスティバル

昨日は辰巳国際水泳場で行われた冒頭の大会に出場して来た。マスターズや年齢別の様な大会は中止が相次ぐ緊急事態宣言の最中、試合が行われるというのも中々凄いものであるが、数少ない貴重な機会を得られた事に感謝しつつ泳ぎ、結果は部門別の大会新記録で1位となった。写真は会場へ向かう途中を走る都バスラッピング。ライトグリーンが鮮やかだ。 会…
コメント:0

続きを読むread more

秋田内陸縦貫鉄道に「秋田縄文号」が登場

秋田内陸縦貫鉄道で主に団体列車として活躍して来たAN2000形気動車は新たに「秋田縄文号」として改造され、この度2月13日にデビューが決まった。デビュー当日は昨年から走っている「笑EMI」と連結して2両編成の快速列車として走る様だ。尚、予約は不要で乗車券のみで利用出来る。1両だけ残った元急行もりよしAN8904形の動向も気になる所だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

ミッドランド・ブループルマンHSTで再現される

かつてイギリス国鉄で1960年から1973年まで走っていたBlue Pullman(ブループルマン)。当時はClass251及び261を使用した豪華列車だったが、昨年2020年12月に現役のClass43をこのプルマン仕様にリメークして走らせ始めたと言うニュースを聞いた。今年はこれを用いたツアーが春先から幾つか用意されており、ロックダウ…
コメント:0

続きを読むread more

イギリスClass710「アヴェントラ」

イギリスのロンドンオーバーグラウンドレールオペレーションのゴスペルオークからバーキング線およびワトフォード線に向かう路線等に導入されたClass710「アヴェントラ」。類似のClass720は3+2列クロスシートのインターシティタイプだが、このClass710はロングシートの通勤型である。幾つかの障害でデビューが遅れたが現在路線を拡大し…
コメント:0

続きを読むread more