しなの鉄道-軽井沢リゾート号-とスノーモンキー個室で須坂へ

CIMG8188.JPG今日は今年7月にデビューした、しなの鉄道の新型座席指定快速「軽井沢リゾート号」及び長野電鉄の「スノーモンキー」に乗って来た。「軽井沢リゾート号」ことSR1系はクロス・ロングシートの変換が可能で上記の他「しなのサンセット」「しなのサンライズ」等有料快速時のみクロスシートとなるが、食事プラン用座席も用意されていて観光を意識した列車だ。


CIMG8281.JPG早速、長野駅窓口で軽井沢リゾート号の指定券を購入。事前予約できるWebだとチケットレスなので、当日券がどの様な形式になるかはデビューまで興味深い所ではあったが、領収書付きのレシート状であった。しかしこの券は下車時に徴収されず、むしろ持って帰る様に記載されているので良い記念品となる。尚、食事付きプランの座席は事前予約が必要だ。


CIMG8283r.jpgSR1系軽井沢リゾート号車内の様子。基本的にはJRのE129系と同型であるが、クロスシートで乗り心地は良い。しかしやはりロングシートと兼用なので窓の位置が合わない所がちらほら見受けられ、予約時には座席位置を希望出来る時と出来ない場合(混雑時等)があるので後者の場合は運に任せるしかない。最近増えてきたこの様な車両には共通する事である。(*撮影時以外はマスクを着用)


CIMG8244.JPG軽井沢リゾート号乗車後は長野へ戻り、近隣の観光地である須坂へ向かった。須坂までの利用車両は前述のとおり長電のスノーモンキー。今年4月から7月まではA特急としての運用が中止されていたが、最近ようやく元に戻った様である。3両編成にはなったが、元JR成田エクスプレスの本格的特急車両にプラス100円の特急料金で乗れるのは何ともお得だ。


CIMG8280.JPGそしてこの日は1号車に設置されている個室「Spa猿~ん」が空いていたので、追加料金1,000円にはなるが個室券を購入。自身は以前、2011年に一度この個室を利用した事があるがその時は硬券で、現在は写真の様なマルス型の軟券となっている。この個室は事前予約が出来ず、当日空きがあれば購入出来る方式なので、運・タイミング・粘り強さが必要だ。


CIMG8276r.jpgスノーモンキー個室の様子。カメラを適切な位置に設置出来ず、アングルがちょっと上の方になってしまったがそれだけ天井が高いという事になる。個室はリクライニングでは無いが広々とした座席や空間を占有出来るので人気は高い。長電にはもう一つ、小田急から譲り受けた元10000形のロマンスカー「ゆけむり」が走っており、その展望席も人気が高い。


CIMG8285.JPG須坂へ到着後は蔵の街並みを散策。以前湯田中や小布施は行ったことがあるが、この須坂は未訪問だったので今回下車してみた(以前の様子は下記にUP)。ここは駅から近くにはあるものの、少々わかりにくい所にある。目印としては長野信用金庫須坂支店のある交差点を左折して信州医療センターがあるスクランブル交差点が見えてきたらすぐ隣が現場となる。


CIMG8284r.jpg蔵の街並みは江戸時代から続く歴史あるものだが現在は飲食店や物産店、美術館等となっている。比較的人混みもなくゆったり出来るのでおすすめスポットだ。


以前の長電関連の記事:https://05592134.at.webry.info/201108/article_6.html
           https://05592134.at.webry.info/201701/article_1.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント