阪神電鉄3011形

阪神3011形.jpg1954年(昭和29年)に阪神電鉄に導入された3011形。通勤型電車がメインの同社では珍しくクロスシートの特急型車両であった。実際、梅田‐三宮間をノンストップ25分で結んでいて、今でも阪神特急は31分、JRの新快速でさえ大阪‐三ノ宮間は22分なので、いかに速かったかという事になる。約10年で通勤型に改造されておりこの形式は幻の名車であろう。


引用サイト:http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/pcd/watch.php?p=0000000297



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント