サフィール踊り子プレミアムグリーン車先頭席と城ケ崎海岸

CIMG7759.JPG一昨日はサフィール踊り子のプレミアムグリーン車先頭席に乗る機会を得たので、今夏最後のシュノーケリングを兼ねて3月以来再び伊豆半島を訪れた。コロナの時期が続くものの、シーズン真っ盛りの休日のサフィール踊り子1号は当然満席で何故プレミアムグリーンのしかも先頭席が取れたのか今でも不思議だがこれも一つのチャンスととらえ、敢行した。


CIMG7874.JPG座席は1号車1番B席。約一か月前、トレーニングの帰りに何気なく立ち寄ったみどりの窓口の券売機で暇つぶしに検索したサフィール踊り子のプレミアムグリーン席には先頭B席に〇の文字が!8月22日土曜なんてまず取れないと思い込んでいたがこれは大変だと言う事で急いで購入した、正直、来年か再来年でいいと思っていただけに思わぬ贈り物だった。


CIMG7738.JPG東京駅に着くと、既にサフィール踊り子号は入線していた。3月にデビューしたこの列車だが約5ヵ月経った今も写真を撮る人はかなり多く、道中全ての駅でそうだった。外観は特に珍しいと言う訳ではないがこれが結構お気に入りと言うファンはそれだけ多い事がうかがえる。私は3月に何枚か撮っているものの、今回は人が多く僅かしか写真が撮れなかった。


CIMG7772r.jpgいよいよ先頭B席に乗車。今年3月8号車の様子をUPした際にいつかプレミアムグリーン先頭席に乗る時はAかBか悩むところだと言ったが前面展望にこだわるならやはりB席だろう。B席は通路側に位置しているがバックシェルのおかげで固定感も中々であり、この様な写真を撮れるのもB席ならでは。しかしA席も前面は思ったよりは被らなくお勧めだ。(*撮影時以外はマスクを着用)


CIMG7768r.jpg初のプレミアムグリーン席でいざ伊豆高原へ。展望は見上げる事も無く柱も邪魔にならず良く見える。革張りのシートは確かに乗り心地が良いが思ったよりはやや固めに出来ていると言う印象だった。あと前後の間隔は然程広く感じないのと荷物棚が後方デッキのそばにしかないのが難点だが、車内の雰囲気は新幹線のグランクラスに似ていてとても良かった。


CIMG7786.JPG先頭B席からの眺め。この日は伊東まで運転手が二人入っていたが被っている感覚はまるで無く良い眺望だった。根府川や片瀬白田あたりではこの様に海を前面に見渡すことも出来る。前のスーパービュー踊り子やリゾート21もかなり開放感があったがサフィールは眺望だけでなく優雅さも追及しているのだろう。そして揺れも少なく、とにかく静かなのが良い。


CIMG7796.JPG座席の写真も撮影。しかしこれだけの設備であれば海外なら軽食サービスが付くだろうが、日本は中々そういうものも少ない。尚、4号車のカフェテリアや個室に関しては前回今年の3月にUPしているので今回は省略したい。伊豆急下田までの景色も良いので多少勿体ない気もするが、潜るという目的があるので伊豆高原で下車。約2時間弱の良い思い出となった。


CIMG7819.JPGそして約4年振りに訪れた晴れ渡る城ケ崎海岸。この日の天気予報はあまり良くなかったが予報に反して天候に恵まれた。ここは伊豆高原駅から徒歩20分程の橋立吊橋の近くにある岩場の海。大淀・小淀と言って吊り橋から崖の下に結構急な険しい道を下っていくので以前は人が少ない印象だったが、この日は結構いた。なので、荷物の置き場所は一苦労した。


CIMG7837r.jpg綺麗なタイドプールとして知られる大淀・小淀だが最近は人が増えたせいかかなり濁っており、この日私は大淀・小淀の右側にある断崖の入り江で潜ってみた。ここは広く波も多少あり、入り口付近から中心部までとても深く足を着いて休める場所は無いのでシュノーケルでは結構な上級テクニックが必須だ。その分、透明度は抜群で魚の群れも良く見られる。


FL000015.jpg海の中の様子。沖縄等で本格的に撮った写真の様にはっきりとは写っていないが伊豆の海でシュノーケルレベルとしては充分楽しめた。のんびり泳いでくれる魚があまりいなかったので稚魚の群れを撮影。大淀・小淀にもソラスズメダイ等がいるのだが濁っていたのでこちらの写真をUPした。この海岸は約4000年前に溶岩流が海に流れ込んで作られたそうだ。


CIMG7847r.jpg最後に橋立吊橋の様子。意外とこっちの方が人は少なかった。長さ60m・高さ18m・定員20人との事だが、1人でも結構揺れるのに20人いたら大変だろうなと思った。このエリアの吊り橋としては城ケ崎つり橋(門脇灯台)もありそちらの方が人は多い様だ。ともあれ、夏の終半に色々と良い思い出が出来た。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント