東急大井町線6020系Qシート車両とスノーヴァ溝の口

CIMG5888.JPG先週末はスノーボートをやる為、スノーヴァ溝の口-R246に行って来た。写真は道中の溝の口駅で撮った東急大井町線6020系Qシート車両。2018年末より平日の夜大井町発のみクロスシートの座席指定車両になるものだ。残念ながらこの日は平日ではない為ロングシートでの運行で溝の口では座席指定券も販売設定もないが、その鮮やかな車体を見れて良かった。


CIMG5892.JPGQシートの先頭車両は6020系。主に急行列車に導入されており、田園都市線の2020系と形はそっくりだが色合いが少々異なっている。また2020系が10両編成なのに対し6020系は7両編成となっている。大井町線も随分とモダンな車両が走る様になった。まだ新型車両の匂いがするQシートは。大井町発のみならず、溝の口発にも設定されれば良いなと思う。


CIMG5893r.JPGさて、スノーヴァ溝の口-R246でのスノーボードの様子をUPしたい。場所はJR南武線の津田山駅近くにある。今シーズンは恒例の狭山スキー場がクローズとなっている為、急遽代わりの場所を探し当てた所だ。いっそ本場のスキー場に行っても良かったのだがいろいろ諸事情があり、ここ何年かは都心に近い手頃なインドアでの滑走となっている。


CIMG5862r.jpgスノーヴァ溝の口の全長は60m。狭山スキー場の約5分の1で横幅もとても狭い。その分レールやキッカー、ハーフパイプ等があるがフリー滑走以外はヘルメット着用が義務づけられている。狭い中ではあるが出だしの傾斜はそこそこあり、その中でのスピードコントロールやターンは良い練習になった。リフトはムービングベルトとなっている。


CIMG5859.JPG折角見つけた新しい練習場ではあったが、残念ながら今年の3月末をもって閉館となるそうだ。1999年から続いていたと言うこの施設。恐らく最初で最後の訪問になるが良い思い出となった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント