VT18.16の思い出とベルリン市街

画像写真はかつて東ドイツ国鉄が所有していた特急型車両NT18.16の模型。何と日本メーカーのKATOでNゲージとして出している。実車は最高速度160㎞/hで北欧やチェコ、オーストリア等へ向かう夢の豪華列車であった。


画像実車は当ブログでも2度ほどベルリン・リヒテンベルグ駅に留置されていたNT18.16(DR175系)を掲載したが、再度写真を追加。十数年前までは稀にイベント列車等にも使用していた様だ。歴史ある名車を良く保存している。



画像ところでベルリンで今日テロらしきものが発生した。写真は当時訪れたカイザーヴィルヘルム記念教会。この付近でトラックが群衆に突っ込んだ様だ。何事も不満を訴える先が無抵抗や弱者であるのは卑劣な事だ。














画像そしてこれも以前掲載したベルリンの壁の一部だが写真を追加。今やすっかり東ドイツの社会主義国家的な風景は見られなくなったものの、遠くから見ると歴史の重みを感じる事が出来る。





画像今はこんなにカラフルだが当時は生々しい有刺鉄線が敷かれていただろう。統一前の東ドイツは個人的には一度見ておきたかった。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック