幻の韓国大統領特別列車

画像ITXセマウルの車窓から見た韓国鉄道博物館に見慣れない車両があったので、水原訪問後に同所へ久々に寄ってみた。その車両はなんと謎のヴェールに包まれていた昔の大統領特別列車と思われ、大サプライズだ!



画像この強烈なインパクトを誇る前面。戦後間もない頃の日本の景色を彷彿させた昔のソウル駅あたりを独特の緊張感を放ちながら走る姿を想像するだけでわくわくして来る。何となく隣の国のお召列車にも見えてしまう。



画像特別車は搬入してからまださほど月日が経っていないのか、内部見学用のプラットホームもあるがまだ入れない。説明プレートも無くまだ未完成状態。近いうち、正式にオープンしてより詳しい情報を得られる事だろう。



画像2編成あるのは意外だったが、1両はダミーとしての役割もあったのだろうか。それにしてもよくぞ保管していたものだ。この調子で行けば昨年廃止になったPPセマウル号の展示も期待してしまう。もちろん初期塗装で。



画像そのPPセマウル号初期塗装の模型が館内には展示されている。韓国では鉄道模型があまりないので出回ったら相当な人気が出るだろう。








画像他にも9000系を政府専用の特別車両に模した写真も掲げられていた。上記の特別車もこの車両の系統かどうか分からないが共通点が多くみられる。







画像しかし年末思わぬ車両を見れてびっくりした。当初は何か試験列車を見れる事を期待して五松基地へ行く予定だったが、急遽こちらに変えて良かった。







画像看板は関係ないが、私はこの博物館から義王駅までの間のこの黄昏た風景が大好きだ。また色々な車両が入って来るのが楽しみだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック